• 024-555-0615 0800-800-6156 受付時間 10:00~18:00(水曜日定休)
  • リフォーム相談会
  • お知らせ

社員紹介

社員ブログ

わらじと遭遇

KIMG0549

福島市の中心街を歩いていたら

遠くから賑やかな声が聞こえてきます。

 

これは、もしや?

 

大わらじの練り歩きに遭遇しました。

この後、信夫山に登るんですね。

 

この一年の無病息災をお祈りしました。

 

 

2018.02.10

寒さの置き土産

KIMG0547

毎日寒いですね。

この寒波で、

水道や給湯関連のお問合せが

ひっきりなしです。

 

会社の立水栓も

つららから落ちる雫で

外側が凍ってしまいました。

 

ちょっと、カエルが卵を産んだように見えませんか?

ちなみに上のカエルは、以前からずっとついていた水栓のキャップです。

忙しい中にもくすっと笑える、寒波の置き土産でした。

 

ところで、工事管理をしている安藤の家に、

この寒波の中、可愛い女の子が加わりました。

幸多からんことをお祈りします。

おめでとうございます!

2018.01.27

かわいいお寿司?

KIMG0543

実はこれ、すべて端布で作ったミニお寿司なのでした。

かわいいですね~。

 

飯坂街道沿いの「まるふじ」さんに、

コミュニケーション増進のための

お食事に行ってきました。

 

店内にはお雛様と共に、

帯や着物で作った小物がディスプレイされていて、

和心がくすぐられます。

 

 

こちらが本当の食事です。

ご主人の手打ちそばつきで、とってもおいしかったです。

 

店員さんの笑顔も素敵で、応対も勉強になりました。

 

KIMG0545

2018.01.12

かわいい門松

KIMG0542

明けましておめでとうございます!

 

こちらの門松

コンパクトながらも風格あり。

 

協力会社の畳店の社長さんからいただきました。

毎年、子供たちに作り方教室を開いているそうです。

一年のスタートに、こんな門松が玄関にあったら素敵ですよね。

 

みなさま、今年もよろしくお願い申し上げます。

2018.01.05

この時期ならではの楽しみ

KIMG0539

雪の朝は出勤もちょっとつらいものですが

 

ちょうど駅のホームに立つ頃に

朝陽がのぼってきます

 

この光と雲の絶妙な色合いは

この時期でなくては見られないものです

 

ここに白鳥の鳴き声が聞こえてくると

冬の寒い朝も十分あがなわれるなあ…と思うのです

2017.12.17

クリスマスリースのかわりに‥

KIMG0537

 

フライングタイガーで購入したコースターを

ドア飾りにしてみました

 

もこもこしてカラフルなところが

冬に合うと思うのですが

いかがでしょうか

 

ちょっと、北欧のクリスマスぽくなったような気がします

KIMG0538

 

 

2017.12.12

この2年間の汗と涙?が‥

KIMG0536

この2年で使用したテキストと問題集です

(ほとんど今年分です)

ずいぶん勉強したなあ…(私にしては)

と思いつつ‥

全部、机から撤去します!

 

はあ~、すっきり!!!

 

そして、こんどは実務講習の勉強が始まります(笑)

2017.12.06

私ごとですが‥合格しました!

KIMG0530

私事ではありますが、

この度、宅地建物取引士の試験に合格しました!

 

2度目の挑戦です

この半年間、ぎっちり勉強させてもらいました

学生のときより真面目に勉強した気がします

 

試験は去年より難しかった気も

400m全力疾走した感じです

 

このまま、しばらく「何もしない」という余韻に浸っていたい気もしますが、

講習やら登録やら待っています

皆様のお役に立つ日に備えて

2017.12.04

木の美しさとは

8CC1FC89-27C9-4489-A86C-3F8685D947B3

様子を見ながら塗装していきます。

外部から当たる光で木目が見られますね。

塗装担当者と協議したところ、

最初はこの部屋のほかの木部と同様に、

暗い色で着色する予定でしたが、

この木目を生かした方がいい、と判断。

ニスのみの仕上げで塗料を使用していません。

 

232CEB72-F4C8-4066-B8B5-BE3ABBB5D5BA

 

塗装箇所を下から見たものです。

右側半分が塗装されています。

ちょうど梁の下面が木の皮の面で、

何とも言えない自然の模様を醸し出していますね。

 

991C8D86-C806-4F4C-9EC2-EFDCBC9EF65E

 

天井を台形に開口し、

透明の瓦に立ち上げていきます。

全て角度をつけて作成しているため、

大工さんと長い時間打ち合わせをかさねました。

梁を塗装した部分が露わになり、

夕日に色づく様にはため息すら出るほどでした。

 

まだまだ年末の大工事は続いていきます。

この天井の仕上げもご紹介させていただきます。

2017.11.30