• 024-555-0615 0800-800-6156 受付時間 10:00~18:00(水曜日定休)
  • リフォーム相談会
  • お知らせ

社員紹介

社員ブログ

施工事例作成中

IMG_1131完工後、お客様に了解をいただき、

竣工写真を撮影させて頂いておりますが、

最近は写真の質にも力を入れております。

 

近日、HPでも公開させていただけるよう準備中です。

ご期待ください。

2017.03.31

資格取得!

IMG_1281今年の2月、遅くなりましたが、

二級施工管理技士

という、建築関係の資格を取得することができました。

 

工事をさせて頂く上でお客様にご満足いただけるよう、

施工方法、計画を考えたり、施工過程や完了時の検査など、

施工管理という仕事は多くの専門的な知識が必要となります。

 

いまだ勉強の毎日である私がこの資格取得に至れたのも、

先輩上司のご指導、現場での職人さんからのアドバイス、

何よりお客様との打ち合わせの中での気付き、発見が

あったからだと思います。

 

これからも多くの方とお話しし、

勉強を重ねていければと思います。

2017.03.31

素敵なアプローチ

年始から作業させて頂いておりました

お客様邸の工事が完了となりました。

水回りから始まり、外部、玄関へのアプローチまで。

アプローチをコンクリートで作成させて頂きました。

周辺にグリーンを配し、緑が育てばバラのアーチができあがります。

IMG_1326

 

レトロなイメージというご希望のため、

コンクリート表面を荒く仕上げたり、

目地に使用したレンガも経年を感じるものをご用意しました。

仕上がりにご満足頂けたようで何よりです

緑に囲まれ、アーチが完成する日が待ち遠しいです。

 

おトイレ、おふろ、キッチンだけでなく、

外壁、屋根、駐車スペースなど、

幅広いニーズにお応えします。

お家のお悩みは 、ぜひやまぎしリフォームへ。

 

 

2017.03.31

日常の横にある異国情緒

KIMG0467

 

研修で東京、御茶ノ水に行ってきました

 

御茶ノ水を歩くのは20年ぶりです

 

ビルの谷間に異彩な存在感を放つ

この建物

 

ニコライ聖堂だそうです

 

わたしの好きなビザンチン様式!

 

中に入ってみたいところですが、既に午後5時。

残念です。

 

設計にはジョサイア・コンドルが携わっているとか‥

建築史で習った名前を思い出しました

日本近代建築の父と言われています

 

いつかじっくり見てみたいです

 

 

 

2017.03.24

春の訪れは庭から

KIMG0463

 

この香りは何?

と思い、辿って行ったら

 

庭の植木に行き当たりました。

ロウバイです。

 

ロウで作ったような透き通ったかわいらしい花弁です。

 

こんな香り高いとは知りませんでした。

 

庭や道端が黄色で彩られると、春が来たなあと感じます。

 

 

2017.03.24

足元の輝き

わが社では、毎朝30分環境整備をしています。

昨日から、床のワックスがけを始めました。

試しに50cm角で区画し、汚れを落とします。

KIMG0452

洗浄液をきれいにふき取り、サーキュレーターで乾かします。

乾いたら、ワックスを薄く塗り伸ばし、

サーキュレーターで乾かし、

再びワックス‥

三度サーキュレーター。

KIMG0454

そして、完成です。

KIMG0455

こんなにきれいになりました。

足元の輝きは顔だけでなく

きっと気持ちも明るくさせてくれるはずです。

きれいな床がどんどん増えていくのも楽しみですね。

 

 

 

 

2017.03.04

子供たちの健やかな成長を願って‥しみじみ

3月3日、桃の節句。

最近は「つるし雛」が盛んですね。

振袖に使われていたような

きれいな布を使って作り上げているので、

見た目もとって華やかです。

意匠には意味が込められていて

例えば「海老は長寿」など、

子供の健やかな成長を願う物になっています。

人形に込められた、親たちの願いを想像すると

ちょっとしみじみ‥。

KIMG0449

 

 

 

 

2017.03.03

桜の訪れ

KIMG0445

福島はまだまだ寒く、路地の桜は咲いていませんが

毎年、この時期になると、

どこからか桜の花を頂きます。

一昨年は大工さん。

昨年はまた別の大工さん。

今年は近くの花卉農家の方から頂きました。

そうそう今年はこの少し前に、

山形のお祭りで貰ってきた啓翁桜がありました。

春のサキドリ。

早く春が来ないかなあ‥

待つ時間も楽しいですね。

 

2017.02.27

憧れの暮らしを考える 4

屋根の形で一番有名なのは、切妻では?

なぜなら‥『赤毛のアン』に出てくる「グリーンゲイブルス」の

日本語訳が「緑の切妻屋根」だったから。

子供心に、切妻屋根ってどんな屋根だろうと不思議に思っていました。

なんとなく、日本には無いのかも!なんて。

 

大人になって、民俗学の本やインテリアの教本にのっているのを見つけました。

え?これ?

切妻屋根

こんな感じ

トランプを2枚立てかけたようなシンプルな形の屋根なんです。

意外ですよね。

でも、メンテナンスを考えると、シンプルが一番かも。

他には寄棟(よせむね)や入母屋(いりもや)などの形の屋根も良く見かけます。

 

屋根や外壁はお家の核となる部分を、雨や風、紫外線などから守る、

大事な役目をはたしています。

住んでいる人からは見えにくいですが、ときどき✔&メンテナンスして

長持ちさせてください。

 

愛着を持って住んだら、家もきっと応えてくれることでしょう!

2017.02.24